コンピューターのWiFiネットワークレシーバーとしてルーターを構成する方法

今日は、ルーターをwifiレシーバーまたはワイヤレスネットワークアダプターとして設定する方法について説明します。これは専門用語では「クライアントモード」とも呼ばれ、「WISP」-ワイヤレスインターネットサービスプロバイダーと呼ばれます。この機能は、イーサネットネットワークケーブル用のコネクターを備えたコンピューターまたはTVセットトップボックスをWiFiに接続する必要があるような状況で最もよく役立ちます。ただし、同時に、別のUSBワイヤレスネットワークアダプターを追加することも、接続するためのポートもありません。この場合、通常のWi-Fiルーターを信号受信機として構成し、インターネットをコンピューターに送信できます。

WISP、またはルーターのwifiレシーバー(クライアント)モードとは何ですか?

WISP、またはクライアントモードは、wifi信号を受信し、ケーブルを介して別のデバイスにインターネットを送信するルーターの特別な機能です。

実際、レシーバーモードでは、ルーターは一種のwifiアダプターになります。つまり、彼はケーブルを介して受信したインターネットをワイヤレスで配布しません。これは、彼の最も身近な役割で発生するためです。逆に、他のアクセスポイントからwifi経由でインターネットを受信し、ネットワークケーブルを使用してコンピューター、ラップトップ、プリンター、またはテレビに送信します。

wifiクライアントモード

ルーターをワイヤレスネットワークアダプターモードに切り替えるための主な条件は、ファームウェアに組み込まれたレシーバー機能が存在することです。すべてのモデルで使用できるわけではないため、仕様を確認する必要があります。

2番目のルーターをwifiレシーバーとして構成するための一般的なアルゴリズムは次のとおりです。

  1. ルーターを取り、クライアントモードにします
  2. アパート周辺にインターネットを分散するメインルーターからネットワークに設定
  3. コンピュータにケーブルで接続します

そして出来上がり-それはすでにワイヤレスインターネットを持っていますが、最初はケーブル接続用のLANポートしかありません。

この場合、メインのワイヤレスポイントの構成は、1つを除いて変更できません。

最初のルーターでは、特定のWiFiチャネルを構成して、自動周波数スキャンに関連する操作のその後の問題を回避する必要があります。

Asusルーターをワイヤレスクライアント(wifiアダプター)モードで設定する方法

次に、Asusのモデルの例を使用して、クライアントモードでルーターをwifiレシーバーとして構成する方法を詳しく説明します。驚いたことに、WISPルーターモードをワイヤレスアダプターとして適切に呼び出す方法は、メーカーによってまだ決定されていません。各会社には異なる名前があります-WISP、WDS、Most、Bridge。

これは、Asusで特に顕著で、各モデルで異なるように指定できます。たとえば、Asus EA-N66では、「ワイヤレスネットワークアダプター」と呼ばれます。これを有効にするには、[管理]セクションの[操作モード]タブに移動し、必要な項目のチェックボックスをオンにします。

ワイヤレスネットワークアダプターモード

多くの場合、WISPクライアントモードは、工場出荷時にルーターにインストールされている公式ファームウェアでは利用できません。たとえば、自宅のAsus RT-N10Uと同じように、このモードは正式にはサポートされていません。したがって、このタイプの接続を使用する場合は、購入したモデルにクライアントモードがあることを確認してください。通常は「クライアントモード」と表示されます。

ルータークライアントモード

しかし、すでに購入していて、ルーターにWISP機能がないことが判明した場合、まだすべてが失われているわけではありません。たとえば、非公式のファームウェアを使用することができます。

dd-wrtファームウェア

クライアントブリッジ

ビデオでのこのファームウェアの詳細

Wi-Fiワイヤレス信号レシーバー(WISP)としてのTP-Linkルーター

TP-Linkルーターのモデル範囲では、wifi信号を受信するWISPアダプターのクライアントモードは「WDSブリッジ」と呼ばれます。たとえば、TL-WR1043NDモデルを使用しました。管理者パネルは192.168.0.1にあります。ここにある[ワイヤレスモード-設定]メニューに移動し、[WDSブリッジを有効にする]チェックボックスをオンにします-設定の追加フィールドが開きます。

wisp wds tp-linkモード

ここでは、他のルーターと同じようにすべてを行います。メインのwifiネットワークからSSID、パスワード、その他のデータを登録し、その後、設定を保存します。

Netisの例を使用して、WISPクライアントモードでwifiルーターをレシーバーに接続する方法

クライアントモードでNetisルーターを構成する場合も、すべてが非常に簡単です。メインのアクセスポイントで行われるように、すべての基本的なWi-Fiパラメーターを完全に同一に構成する必要があります。

  1. まず、パッチコードルーターをコンピューターに接続し、管理パネルに移動してクライアントモードをアクティブにします。設定パネルを表示するには、コンピューターのIPがルーターと同じサブネットにある必要があることを思い出させてください(手順またはケースのステッカーから確認できます)。
  2. その後、クライアントモードで機能するルーターの管理パネルに移動し、ブリッジ、ワイヤレスアダプター、クライアント、またはその他の名前をアクティブにします。
  3. 次に、アクセスポイントの設定で指定された範囲のIPアドレスをクライアントルーターに割り当てます。最も簡単な方法は、ここでDHCPモードを設定して、パラメーターを手動で指定しないようにすることです

    netisクライアントモード

    すべての設定を自分で設定する場合は、ゲートウェイとプライマリDNSとして、メインルーターのIPを指定します。IPフィールドには、メインルーターと同じサブネットのアドレスを指定します。つまり、ゲートウェイ(メインのルーターアクセスポイントのIPアドレス)の値が192.168.1.1の場合、クライアントモードでルーターに192.168.1.2を割り当てます。

    クライアントとしてのnetisルーター

  4. 設定を保存し、再起動を待って、ケーブルでコンピューターに接続します。コントロールパネルに戻るには、ブラウザーのアドレスバーに新しいIPルーターを入力します。
  5. 次に、「ワイヤレスモード」セクションに移動し、信号を受信するメインルーターと同じ方法ですべてを設定します。ワイヤレスネットワークモード、チャネル幅、ネットワーク名(SSID)、セキュリティ設定(暗号化タイプ、wifiのパスワード) -私たちはメインのWiFiポイントと同じようにすべてを行います。

これですべてです。クライアントとしてのルーターは、WISPワイヤレステクノロジーを使用してメインソースからインターネットを受信し、ケーブル経由でコンピューターに送信します。

TPリンククライアントモードをWi-Fiアダプターまたはワイヤレスレシーバーとして設定する方法に関するビデオ

ご覧のとおり、ルーターでクライアントモードを構成するために、多くの労力と深い知識を行う必要はありません。この記事を読んだ後は、自分で実行できると確信しています。